marketing blog

SAKUSEN TOKYO/堀昌之のマーケティング所感と考察。その他ビジネスもろもろ。

最近、うまいなぁと思った、HONDAのwebマーケティング施策。

ゴルフに便利なHondaのクルマ

ゴルフに便利なHondaのクルマ

最近出会った、マーケティング施策の中でも、これは上手いなぁと思いました。

 

最近ゴルフを始めたんですが、うちのクルマが後部座席もトランクルームも小さくて、

うまくゴルフバッグが乗らないんですね。長いクラブをゴルフバッグから抜いて、

わざわざ後部座席に寝かせて入れないと、載りきらない。

あー、ゴルフバッグが余裕で載るクルマ欲しいなぁって思い、googleで検索してみたんですよ。

「車 ゴルフバッグ」で。

 

自然検索結果は、以下の通り。

車 ゴルフバッグ検索結果

 

HONDAが上位3つを占めています。

で、クリックしてみると、冒頭のページに飛んだわけです。

コンテンツ・マーケティングって最近マーケ業界でもよく聞きますが、

これは良く出来ているなぁと思いました。

ユーザがどんな気持ちで検索してくるか?をきっちり捉えている。

冒頭のスペシャルサイトも「ゴルフバッグをいくつ積めるか?」という視点に立って

わかりやすく構成されています。

僕みたいに「みんなでワイワイゴルフに行きたいな〜」という

ユーザのニーズを、しっかりと捉えています。

平成23年のゴルフ人口が約924万人と言われていますし、その中でも、車の買い替えを検討する人も

多いと思いますから、しっかりとビジネスチャンスに結びつくコンテンツを用意しているなと思いました。

 

大切なマーケティングKPIとして「資料請求」「試乗予約」を設定するクルマメーカーさんは多い気がします。

こういうマーケティング活動は、自分の好きなこと(ゴルフ)とHONDAのクルマを自然に結びつけることができるため、

資料請求にもより高いモチベーションで臨む人は多いのかな、と。

また、ゴルフという切り口で、プレゼントキャンペーンなどもHONDAはやっていまして、

ただコンテンツに触れさせるだけでなく「リード獲得」の仕組みも作っています。

 

すっごく面白いコンテンツ、すっごく泣けるコンテンツ、すっごく役立つコンテンツ。

コンテンツの方向は数あれど、根本的には「ユーザが求めるものを用意する」という姿勢こそが

とても大切だなと思った次第でございます。

 

Share on Facebook

Tags: