marketing blog

SAKUSEN TOKYO/堀昌之のマーケティング所感と考察。その他ビジネスもろもろ。

SAKUSEN TOKYO三期目終了〜正しさを諦めない〜

久々のブログです。半年ぶりぐらいですね。
弊社は12月が期末なので、今日で三期目が終了です。
今年もみなさま、ありがとうございました。
クライアントのみなさま。
パートナーのみなさま。
そして、社員のそんちゃん、あいちゃん。
皆様のお力添えがあって、三期目も黒字で終了することができました。
(しかも最高売上を達成しました)
本当にありがとうございます。

自分の会社はマーケティングのプランニング会社です。
マーケティングを最適化する「作戦」を考え、その「作戦」の実行をサポートする。
という思いを込めて、SAKUSEN TOKYOという社名にしました。
(SANBOU<参謀>という名前も候補した。サンボみたいなのでやめましたw)

作戦は重いと思います。
間違った作戦では、戦に勝てない。
この3年、社名の重さを背負いながら、日々仕事をしてきた気がします。

だから、我々は「正しさ」を追求しています。
思考のプロセスから、提出物から、外部パートナーさんのディレクションまで。
とにかく「今我々の判断は正しいのか?」そのことだけを考えて、仕事をしてきた気がします。
もちろん答えは、わかりません。
我々がサポートさせていただいたプロジェクトは、殆どが、サポート前に比べて結果を向上させています。
CVRが6倍になった。PVが3倍になった。売上が想定の3倍になった。
など、クライアントさんに喜んでいただくケースが多いです。
もちろん自分たちなりにベストは尽くしていますが、どんなに結果が向上しても
「もっと正しい考え方、方法はなかったのか?」と常に考えます。
今、自分たちが持っているチカラを超える「正しさ」を追求していくことが、自分たちの使命だとも考えています。

「正しさを諦めない。」

僕達がクライアントさんに買っていただいているのは、自分たちの頭の中身だと思っています。
大した事ない頭かもしれないけれど、それでも、知恵を搾り、作戦を立てます。
頭の中身はクライアントさんにとって、とても評価しにくいものです。
それでも投資してくれるクライアントさんがいる限り、僕たちは「正しい作戦」のために
常に成長しなくてはいけないと感じています。
来年は四期目です。見えてみたこと。まだ見えないこと。
凄まじい変化と変わらない価値観。
いろんなコトに取り囲まれながらも、クライアントさんのビジネスを
マーケティングでドライブさせていくために、
我々は今後も走り続けようと思います。
来期もみなさまと一緒に「正しさ」を追求していきたい所存ですので、よろしくお願い致します。

最後に。
いつも一緒に戦ってくれる、BICPの菅恭一社長。今年は本当にありがとう。
菅さん(いつも通り菅くんでいいのかな?)は、高校時代からの友達でもう付き合いが28年ちかくなります。
お互いにまったく仕事も経営も遊び方も性格もタイプが違うのに、ここまで一緒に走ってこれたのは、
菅くんがオトナだからだと思います。僕のような幼稚園生の「駄々こね」に付き合ってくれてありがとう。
そして、弊社みたいな零細ベンチャーに転職してきてくれた、プランナーのそんちゃんと秘書兼総務兼会計兼経理のあいちゃん。
ありがとう。来期も一緒に「正しさ」を追求してくれると、とてもうれしいです。

みなさん、2016年はありがとうございました。2017年もSAKUSEN TOKYOをよろしくお願い致します。
(来年2017年はブログ更新ちゃんとやろうっと)

Share on Facebook